東京タワー ダイヤモンドヴェール

画像
今日12月1日から、東京タワーのライトアップが新バージョンになっている、という情報を入手した仲冬。

つい2週間前、東京タワーが青く照らされた時と同じく浜松町駅で山手線を飛び降り、増上寺方面にまっしぐら。

まず今回は増上寺の境内から東京タワーを眺めることにしました。

50周年のスペシャルバージョン「ダイヤモンドヴェール」に包まれた東京タワー。

増上寺の境内に到着すると、ケータイやデジカメで思い思いに撮影したり、じっと眺め続ける方がちらほらと。

もちろん仲冬もケータイを構えて何度も撮影ボタンを押しました。

ひと通り境内からの撮影を終えた仲冬は、ナトリウムランプの街灯が続く道を直進して、東京タワーの真下へ。

そこに着いて、ここでもケータイで撮りまくった仲冬。

(これは…増上寺から見た方が綺麗かも)

なんとなくですが“光の煌めきに包まれた感”が一層感じられたのは、真下からよりも、やや離れた増上寺境内からの眺めでした。

もちろんタワー真下からの眺めも掛け値なしに綺麗。ま、どちらも一見の価値あり、ということで。

このダイヤモンドヴェール、普段は20時から22時の2時間限定のようです。

通常モードからダイヤモンドヴェールに変化する瞬間を眺めるのも、なかなか「いとをかし」かもしれません。

ちなみに。

大展望台には「TOKYO」と「50」の文字がありました。

「50」の意味は、すぐに50周年のことだと思いましたが「TOKYO」は、しばらく思い付きませんでした。

(あ、オリンピックか)

たぶんオリンピックの五輪を「TOKYO」五文字で表現したのかなと。


画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック