ブライトリング クロノマット オーバーホール完了(2013.6.28)

画像
ゴールデンウィーク明けの5月上旬、銀座のスタジオ・ブライトリングでオーバーホールを依頼をした愛用のクロノマット(エボリューション)。

それからほぼ2ヶ月経った6月28日の金曜日、スタジオ・ブライトリングからオーバーホール終了の連絡をもらったので、会社帰りに受け取ってきました。

          *

2ヶ月前と同じくスタジオ・ブライトリングに向かい、オーバーホール終了の連絡を受けた旨を受付の女性の方に伝えて、「お預かり証」を手渡しました。

しばらくすると、ピカピカに綺麗になったクロノマットが!(笑)

その女性の方から、メンテナンスカルテと言うものを見せてもらいつつ、今回のオーバーホールで何をしたかを説明してもらいました。

「香箱」「切替車」という機械式時計のムーブメントのパーツや、時計の針の交換等々…色々とやってもらい、すっかりデトックスしてもらったようです。

ちなみに香箱や切替車、時計の針の交換は追加料金なしでしたが、クリックスプリングというベゼルの回転に関連するパーツ交換は追加料金ありでした。

もちろん事前(オーバーホールの依頼をしてから数日後くらい)に、破損したクリックスプリングを交換するかどうか、スタジオ・ブライトリングから打診を受けており、その時の仲冬の回答は無論「お願いします」と。

そんなパーツ交換の説明を受けた後、この交換する前の傷んだパーツをどうするか訊かれましたが、当然持って帰ることにしました。購入してから今までの数年間の歴史が詰まったパーツですから…(笑)

そしてオーバーホール料金の支払い。基本料金(クラブ・ブライトリング会員価格)の30,000円、クリックスプリング代の2,000円、それらの消費税という内訳でした。

オーバーホール時にもらえるケースにクロノマットを入れてもらい、クロノマットを受け取った仲冬はスタジオ・ブライトリングを後にして帰路に。

自宅に着いて、持ち帰った交換パーツをまじまじと見てみると、クリックスプリングの傷みっぷりが半端なかったです。

本来円形であるはずのものが、腐蝕によるものか、切断されて数個の三日月形に。知らず知らずのうちに、ダメージが蓄積されていたのでしょうかね。

…と言うわけで、オーバーホールから帰ってきて心機一転のクロノマット(エボリューション)。これからまた、ガンガン使っていこうと思います。


画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック