九州国立博物館 あじっぱ(2015.8.9)

画像
今年の太宰府帰省も後半戦に突入した8月9日、霜月家は九州国立博物館に足を運んできました。去年と同じように、入場無料の子ども向け施設「あじっぱ」で冬子姫、藍子姫を遊ばせてあげよう、と。

アジア各国のオモチャを直に触れる事ができる、この施設。今回、色々遊んだ中で特に興味深かったのが、インドネシアの「ダコン」というゲームです。

冬子姫の「あれ(ダコン)やってみたい」というリクエストに応えようとしたのですが、最初は「ダコン」のルールがよくわからず。近くにいた係の方に、一から教えてもらいました。

使うものは大小12個の窪みと、40個の「おはじき」だけ。

わかってみれば意外と単純なゲームですが、やってみるとこれがなかなかどうして奥深いものが。足し算と先を読む力を養う事ができそうです。

最初は冬子姫に付き合ってる体だった仲冬ですが、途中からわりと真剣に考えてしまいました(笑)

おはじき40個と、大小12個の器があれば「ダコン」はできるので、100均あたりで簡単に準備できそうです。さらに言えば器なんてプリンの空きケースや、おままごとのお皿とかでも代用できるかも。

そんなダコンの他にも、ちょっとした楽器を鳴らしたり、工作したりと時間はあっという間に過ぎてしまいました。

これだけ充実した施設が無料で楽しめるなんて、九博さんは太っ腹です(笑) 今年も満足して実家への帰路に就いた霜月家でした。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック