500個の風鈴の音を聴く《最終日》@池上本門寺(2019.7.20)

7月の下旬に差し掛かる今日(7/20)霜月仲冬は池上本門寺へ足を運び、夏の風物詩「500個の風鈴の音を聴く」の様子を見てきました。

これまで夏らしい青空には殆ど恵まれず、気温もさほど高くない日々が続き、いよいよ今日がこのイベントの最終日。

1ヶ月弱の開催期間中に何度か池上本門寺の境内へ赴きましたが、今年は「夏の風物詩」っぽさを味わうまでには至りませんでした。

果たして今日も、どんよりとした空模様と、30度を超えているとは思えない気温。

池上本門寺の此経難持坂を上がった先はほぼ無風。縦横無尽に吊るされた500個の風鈴は、まるで辺りを憚るかのごとく、静かなものでした。

スマートフォン「AQUOS R compact」で風鈴を撮りつつ、しばらく待っていましたが、時々、羽田空港を擁する大田区ゆえか飛行機のエンジン音も混ざりつつ、軽やかな音が聞こえてくるくらい。

そんな500個の風鈴たちの様子を載せておきます。今回、初めてYouTubeを使って動画もアップしてみました。


DSC_0223.jpg
DSC_0247.jpg
DSC_0255.jpg
DSC_0257.jpg
DSC_0231.jpg
DSC_0320.jpg
此経難持坂を上がった先に吊るされている風鈴たち。どうせなら青い空の下で写真に収めたかったものだ


DSC_0210.jpg
DSC_0213.jpg
DSC_0331.jpg
DSC_0325.jpg
此経難持坂の階段から撮影。注意しないと足を踏み外すおそれが



せっかくなのでYouTubeにアップした動画を。セミの鳴き声や飛行機のエンジン音も混ざっているけど


DSC_0312.jpg
500個の風鈴イベントは、今日(7/20)が最終日だ


DSC_0274.jpgDSC_0280.jpg
せっかくなので、この日の池上本門寺の大堂と五重塔を

この日、風鈴の代わりにセミの鳴き声が境内に響いていました。仲冬にとっては今年初。ちゃんと夏が近付いている証拠ですね。





Listening to BWV 988 - Variatio XVIII - Canone Alla Sesta A 1 Clavier / Goldberg-Variationen - Studio / Scott Ross #NowPlaying

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント