天王洲アイル・天王洲ふれあい橋 夜の風景(2019.7.17)

7月も半ばを過ぎた7月17日、霜月仲冬は会社からの帰りがけに天王洲アイルへ寄り道しました。本格的な夏の暑さを迎える前、夜が涼しいうちに再び行ってみようと。

「天王洲アイル」と言っても地図で見ればわりと広範囲。もっと具体的には天王洲運河沿いと「天王洲ふれあい橋」周辺、という感じでしょうか。

以前、下調べもなく何となく散歩気分でここを訪れた時、運河沿いのボードウォークや運河に架かる「天王洲ふれあい橋」の雰囲気を気に入った覚えがあります。

それから何だかんだで2年近くご無沙汰しており、この日(7/17)改めて足を運んだ次第。

りんかい線「天王洲アイル」駅から徒歩で10分くらいでしょうか、高層ビルと高層ビルを渡す歩道を進んで、天王洲運河に到着。

ボードウォークを照らすライトが点々と続き、水面揺らめく運河の先にはライトアップされた「天王洲ふれあい橋」が見える――

この風景を目にして、改めて訪れてよかったなと、しみじみ。

そんな天王洲アイルの運河周辺(正式には「天王洲アイル第二水辺広場」と呼ぶらしいです)を、スマートフォン「AQUOS R compact」で撮っておきました。


DSC_0677.jpg
DSC_0659.jpg
DSC_0662.jpg
DSC_0469.jpg
DSC_0648.jpg
DSC_0490.jpg
DSC_0516.jpg
DSC_0502.jpg
天王洲運河沿いに落ち着いた雰囲気のボードウォークが続く。そのボードウォークを進めば「天王洲ふれあい橋」だ


DSC_0639.jpg
DSC_0637.jpg
DSC_0617.jpg
DSC_0607.jpg
DSC_0593.jpg
DSC_0538.jpg
DSC_0567.jpg
ライトアップされた天王洲ふれあい橋。この低い橋の下を時々、屋形船が通ったりする。この橋を渡る人が途切れることはほとんど無かった


DSC_0553.jpg
DSC_0562.jpg
揺らめく水面にビルの明かりが映る。なかなか見飽きることがないシチュエーションだ

DSC_0466.jpg
DSC_0682.jpg
写真は不鮮明だが、屋形船が天王洲運河を進む


DSC_0689.jpg
余談だが、この日(7/17)は月が綺麗だった。横たわるのは東京モノレールの「天王洲アイル」駅に続く通路だ

久しぶりの天王洲アイル探訪に満足して、帰路に就いた霜月仲冬でした。惜しむらくはコンデジを持参しなかったこと。前もって準備しておけばよかったのですが、だいたいいつも当日のヒラメキで行動してしまうので……(笑)





Listening to Hello, Again ~昔からある場所~ / re:evergreen [Disc 2] / My Little Lover #NowPlaying

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント