池上 養源寺の紫陽花(2020.5.17)

5月も後半に差し掛かった今日(5/17)霜月仲冬は大田区池上の呑川沿いにある養源寺へ足を運びました。境内の裏、紫陽花ロードと呼ばれる道には多くの紫陽花が植えられており、その様子を見てみようと。

紫陽花の見頃はまだまだ先だと思っていましたが、それは承知の上。いわゆる「3密」回避を優先して、紫陽花が咲き始めるであろう今ならば空いているだろうと思い立った次第。

青空に恵まれたこの日の大田区池上エリアを流れる呑川沿いは、ランニングや散歩で往来がそれなりにあった感じ。

霜月仲冬は、そんな呑川沿いを避けて住宅地の路地を縫うように養源寺へ向かいました。おかげでソーシャルディスタンスの確保は充分。

(お、ガクアジサイが咲いてる)

養源寺の境内裏手にある「紫陽花ロード」は想定通り、見頃には遠い感じでした。それでも、青空の下でガクアジサイの幾つかが色付きはじめ。

満開の時期は結構な人出がある養源寺の「紫陽花ロード」ですが、この日はほとんど人も通らず。安心して、咲き始めのガクアジサイを眺めることができました。

スマートフォン「AQUOS sense3 plus」で撮った写真ですが、載せていきます。

DSC_2218.jpg
DSC_1886.jpg
DSC_1866.jpg
DSC_2226.jpg
DSC_2223.jpg
DSC_2221.jpg
DSC_2246.jpg
DSC_1858.jpg
DSC_1851.jpg
DSC_1846.jpg
養源寺の裏、斜面に咲くガクアジサイ。所々という感じだが青色や紫色に淡く染まっていた。訪れる人もほとんどなく、心ゆくまで見ることができた。この時期であれば蚊に刺される心配もない(笑)


DSC_1948.jpg
DSC_1942.jpg
DSC_2186.jpg
DSC_2201.jpg
ホンアジサイは、ガクアジサイに輪をかけて「まだまだこれから」といった感じ。本当に1箇所だけだったが、ちょこんと色付いていたのが印象に残った


DSC_1953.jpg
紫陽花はまだまだだが、ここから眺める眺望もポイント高い


こんな情勢の今年は、どれくらい紫陽花を楽しめるでしょうかね。平らかな世の中になってほしいものです。



Listening to 鳥の詩 / ANIME CLASSIC / 石川 綾子 #NowPlaying

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント