学芸員資格証明書

先日、探し物をしていて押し入れを漁ったところ
高校の卒業アルバムと一緒に
ダンボールの隙間から茶色い封筒が出てきました。

うっすらかぶっていた埃を払いつつ
「なんだっけ?」と首を傾げながら中を見てみると…

「あ~、懐かしいものが出てきたなぁ!
 そういやあったな、こんなのが…」


私、霜月仲冬が大学生の頃、在籍していた工学部とは
全く関係ない講義を受講しまくり、卒業と同時に取得した
『学芸員資格証明書』でした。



工学部に在籍していた為、得体の知れない
数式やら横文字やらが無数に飛び交っていた大学時代。

そんな中、もともと文学部志望だった仲冬にとって
唯一のココロの支えでもあった博物館学芸員課程の講義たち。

仲冬は、その集大成たる紙切れ1枚を手にとって
じっと見つめ、しばらく動けませんでした。


大学を卒業してから数年が経ち、今は博物館とは
全く関係のない仕事に携わっているサラリーマンな霜月仲冬。

仕事仕事の毎日の中、最近、何かを忘れていたような気がします。


【この刹那の一曲:曽根麻矢子|J.S.バッハ トッカータ ニ長調 BWV912

"学芸員資格証明書" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント