テーマ:神社・仏閣

池上本門寺 台風15号の爪痕(2019.9.9)

昨夜(9/8)から今朝(9/9)の未明にかけて、東京周辺に大きな猛威を振った台風15号。始発から交通機関も乱れてこの日の出社を諦めた霜月仲冬は、午後になって池上本門寺へ足を運びました。台風15号による被害の有無が気になって。 果たして、96段ある此経難持坂を上がった霜月仲冬の視界に飛び込んできたのは、横倒しになって無残に壊れた大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺 松濤園 一般公開(2019.9.7)

9月最初の週末たる昨日(9/7)霜月仲冬は一般公開された池上本門寺の松濤園に足を運びました。普段は非公開ですが、毎年5月のGWと9月初旬くらいに期間限定で公開されている、小堀遠州の手による回遊式庭園です。 仲冬にとっては、去年の同じ時期(2018/9/8)に訪れて以来、ほぼ1年ぶり。独占状態を楽しみたいが為(笑)開園時間ちょうどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500個の風鈴の音を聴く《最終日》@池上本門寺(2019.7.20)

7月の下旬に差し掛かる今日(7/20)霜月仲冬は池上本門寺へ足を運び、夏の風物詩「500個の風鈴の音を聴く」の様子を見てきました。 これまで夏らしい青空には殆ど恵まれず、気温もさほど高くない日々が続き、いよいよ今日がこのイベントの最終日。 1ヶ月弱の開催期間中に何度か池上本門寺の境内へ赴きましたが、今年は「夏の風物詩」っぽさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見 總持寺 参拝・石原裕次郎さんのお墓(2019.7.14)

7月三連休の真ん中(7/14)霜月仲冬は横浜市鶴見区にある曹洞宗の大本山「總持寺」へ行ってきました。ここを訪れるのは初めてです。 「京浜四大本山」の一つとして数えられているそうで、残り3つは川崎大師、池上本門寺そして増上寺(東京タワーの近く)だとか。 霜月仲冬としては、この日の總持寺の参拝をもって京浜四大本山コンプリートとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2019.7.6)

七夕を翌日に控えた今日(7/6)霜月仲冬は池上の「あじさい寺」こと妙見堂へ足を運びました。そろそろ紫陽花シーズンも終盤かな、と思いつつ、妙見坂や境内の様子を見ておこうと。 7月に突入しただけあってか、さすがに色褪せた紫陽花が増えた感じ。離れて見れば綺麗に見える紫陽花たちも、近寄ってみると色褪せっぷりが目立つように。 (やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500個の風鈴の音を聴く@池上本門寺(2019.6.30)

6月も終わりを告げる今日(6/30)霜月仲冬は池上本門寺に足を運びました。涼やかな風鈴の音色を味わうことができる、毎年恒例「500個の風鈴の音を聴く」が目的です。 梅雨時期らしい雨模様の一日でしたが、仲冬が池上本門寺を訪れた午前中は雨が止んでくれました。96段の此経難持坂を上がった先、境内の木から木へ数多くの風鈴が吊り下げられ、風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2019.6.22)

夏至の昨日(6/22)霜月仲冬は先週に引き続き、池上の妙見堂へ足を運びました。雨が降ったり止んだりとスッキリしない天気でしたが“雨に濡れた紫陽花”を見てみようと。 大田区池上を流れる呑川、その川沿いにある妙見坂に到着した頃にちょうど雨は小降りとなり、傘を閉じても気にならないレベルに。 やがて雨も上がって“雨に濡れた紫陽花”を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2019.6.16)

6月も半ばに差し掛かった6月16日、霜月仲冬は「池上のあじさい寺」こと妙見堂へ足を運びました。かなり雨が降った前日から、うって変わって青空に恵まれた一日。 妙見堂の境内周辺と妙見坂の両脇、数多く植えられている紫陽花たちは見頃を迎えた感じ。 例年よりやや少な目な感じも受けましたが、様々な種類の紫陽花が咲いていました。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上 養源寺 紫陽花まつり(2019.6.2)

6月2日、霜月家は大田区池上の呑川沿いにある養源寺へ足を運びました。そこで開催されている「紫陽花まつり」がお目当て。この日はウサギやヒヨコ、カンガルー等と触れ合うことができる「移動動物園」もやって来るとあって、行かない訳にはいきません。 霜月家が養源寺へ足を運んだのは、この日(6/2)の午後。すでに境内は多くの家族連れで賑わってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上 養源寺の紫陽花(2019.5.25)

早くも夏を感じさせる暑さに見舞われた昨日(5/25)霜月仲冬は大田区池上の養源寺に足を運びました。池上本門寺から程近いところにあり、四季折々の花を楽しめるお寺です。 最近、この養源寺の裏手にある高台の階段に紫陽花が多く植えられていることを知り、足を運んだ次第。 (お、結構色付いてるな) この日の午前中に足を運んだ妙見堂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2019.5.25)

早くも夏の陽気を感じさせる今日(5/25)霜月仲冬は「池上のあじさい寺」こと妙見堂に足を運びました。見頃はまだまだ先ということは充分承知の上で、境内や妙見坂に植えられている紫陽花の様子を見てみようと。 果たして、予想通り見頃はまだまだ先、な感じでした。ほんの少し、チラホラ色付いている紫陽花を見かけるくらい。それでも、これからの咲き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺の桜(2019.3.31)

午後から青空に恵まれた今日(3/31)霜月仲冬は池上本門寺に足を運びました。もちろん満開を迎えたであろう境内の桜を愛でるのが目的。午前中は曇りがちでしたが、お昼過ぎに天気回復。喜び勇んで出かけました。 96段の此経難持坂を上がり、池上本門寺の境内へ。ソメイヨシノを中心に、見事に咲き乱れていました。よーく見ればツボミを見つけることも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御嶽神社@大田区の桜(2019.3.27)

やや日差しが傾き始めた3月27日(水)の午後、五反田駅から東急池上線に乗った霜月仲冬は御嶽山(おんたけさん)駅で下車しました。大田区にある御嶽神社(おんたけじんじゃ)に行ってみようと。 御嶽神社の公式ホームページによると 御嶽神社の創祀は、嶺村(現嶺町地区)ができた天文4年(1535年)頃と謂われる。 当時は小社であり祠に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺 笹部桜(2019.3.24)

3月24日(日)の早朝に足を運んだ池上本門寺。ここには霜月仲冬お気に入りの「笹部桜」が境内に植えられています。 『吉野桜が木綿ならば、笹部桜は絹である』 と高く評価されているらしい、笹部桜。この日はまだまだ満開には遠い感じではありましたが、それでも可愛らしい花を咲かせてくれていました。 早朝の日差しを受けて、やや茜色に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺 早朝の桜(2019.3.24)

夜明け前に目が覚めた今日(3/24)霜月仲冬は池上本門寺へ向かいました。折角なので早朝の池上本門寺の桜を見てみようと。3月21日に東京の開花宣言が発表され、その数日後、というタイミングです。 (お、咲いてる咲いてる) 日の出直後、東の空から茜色の日差しが届く池上本門寺の境内。ツボミも多かったですが、日当たりの差でしょうか、同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺 満開の河津桜(2019.2.23)

青空に恵まれた昨日(2/23)霜月仲冬は池上本門寺に足を運びました。此経難持坂の脇に植えられている河津桜、今年の開花はやや遅めながら、そろそろ満開かなと。 (お、満開じゃないか!) 遠くからでも、はっきりと分かる咲き乱れっぷり。近付いて真下から見上げると青い空とピンクの河津桜のコントラストが絶妙。持参したコンデジ「Pow…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロと池上本門寺の河津桜(2019.2.17)

(お、メジロがいる!春の訪れってやつかぁ) 2月17日、池上梅園から池上本門寺に足を運んだ霜月仲冬。先週に引き続いて河津桜の様子を見てきました。 まだツボミもありましたが、明らかに開花が進んだ河津桜。その河津桜にメジロが2羽いました。去年に引き続いて2年連続でメジロとご対面といったところ。 あちこち動き回りつつ、細いク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺の河津桜(2019.2.10)

(うーん、まだまだか、今年は遅いな) 三連休の真ん中(2/10)池上梅園からの帰りがけ、池上本門寺に立ち寄りました。 池上本門寺の此経難持坂、その脇に植えられている河津桜を見てきたのですが、開花状況としては一分咲きくらいでした。2週間ほど前には数輪咲いているくらい。 去年の同じ頃(2018年2月)には、ほぼ満開と言っていい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺の河津桜(2019.1.27)

(お、見つけた!咲いてる) 池上梅園を後にした霜月仲冬は、池上本門寺にも足を運びました。此経難持坂の脇に植えられている河津桜の様子を見てみようと。毎年この時期、池上梅園の梅と池上本門寺の河津桜をセットで楽しんでいます。 池上本門寺の総門をくぐった辺りから河津桜を見た限りでは、咲いている様子は皆無。期待薄ながら近付いて、注意深く見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺の夕日(2019.1.3)

正月三が日の最終日(1/3)午後に霜月仲冬は池上本門寺へ足を運びました。新春初詣モードの境内を通って、境内に隣接する大田区立池上会館へ。屋上から三が日最後の夕日を拝んでおこうと。 池上本門寺の境内は初詣でごった返していましたが、池上会館の屋上はほとんど人影もなく落ち着いた雰囲気が。 少し雲が横たわっていましたが、夕日を拝むに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九品仏浄真寺の紅葉(2018.12.1)

青空に恵まれた12月1日、所用で世田谷区の九品仏に出掛けた霜月仲冬は、紅葉の名所・浄真寺に足を運びました。せっかくなので色付いたモミジを眺めておこうと。 (……少し、早かったかな?) 紅葉狩りで多くの人が訪れていた九品仏浄真寺。 境内かなりの数のモミジが植えられていますが、仲冬が訪れたこの日は、まだ染まりきっておらず緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上 大坊本行寺 御会式桜(2018.11.18)

旧暦十月十一日の昨日(11/18)霜月仲冬は池上の大坊本行寺に足を運びました。池上本門寺の御会式、その万灯に飾られる桜の由来となっている「御会式桜」の咲きっぷりを見てみよう、と。 先日(10/8)池上本門寺と大坊本行寺に足を運んだ時の御会式桜は数輪の花を咲かせていた程度でしたが、果たして昨日は、ほぼ満開と言っていい咲き具合。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺の夕日(2018.10.28)

10月の一大イベント「お会式」も終わり、秋の気配が感じられる10月28日、池上本門寺の境内を散歩した霜月仲冬。訪れたのが夕方だったので、境内に隣接する大田区立池上会館にも足を運び、夕日を拝んでおきました。 この時期、池上会館の屋上庭園や展望台から夕日を眺めると、その傍らには雄大な富士山のシルエットが浮かび上がることがあります。こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺 御会式前の境内&大坊本行寺 御会式桜(2018.10.8)

(ん……?御会式桜が咲いてる!?) 10月三連休の最終日(10/8)霜月仲冬はお会式が近付いた池上本門寺の境内あちこちを散歩してきました。万灯練供養ともなれば大勢の人でごった返す境内も、この日は静かな雰囲気が。 そして日蓮聖人が入滅した大坊本行寺にも足を運び、境内に植えられている御会式桜の様子も見ておきました。 果たし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜ランドマークタワー展望フロア「スカイガーデン」から望む池上本門寺(2018.9.9)

先日、霜月家は観光で横浜みなとみらいにある横浜ランドマークタワーの展望フロア「スカイガーデン」に上がりました。地上69階・273メートルの高さから周囲を一望できる有名スポット。仲冬はそんな壮大な景色を堪能しつつ、池上本門寺を探してみることにしました。 なんとなれば。 池上本門寺の境内に隣接する池上会館、その屋上や展望台に立つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上本門寺 五重塔 特別開帳(2018.9.8)

池上本門寺の松濤園を散策した後、境内に戻ってみると五重塔が御開帳されていました。慶長13年(1608年)の建立から今年で410年という池上本門寺の五重塔。 4月頃に行われる「春まつり」で御開帳された五重塔を見たことがあるのですが、そのときは相当の混雑であまりゆっくりできず。この日の特別開帳ではゆっくり五重塔の中を見ることができまし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

池上本門寺 松濤園 一般公開(2018.9.8)

青空に恵まれた昨日(9/8)霜月仲冬は池上本門寺へ足を運びました。西郷隆盛と勝海舟の会見場所ともなった、普段は非公開の庭園「松濤園」の一般公開がお目当てです。小堀遠州の作という回遊式庭園。 仲冬が松濤園の入り口「朗峰会館」に到着したのは、この日の午前10時。一般公開の開園時刻ちょうどでした。静かな雰囲気の園内を池に沿ってぐるっと散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上宗仲のお墓@池上本門寺(2018.8.18)

暑さ厳しい8月18日、霜月仲冬は池上本門寺へ向かいました。池上宗仲のお墓に行ってみようと。池上宗仲とは鎌倉時代の武士で、その宗仲の館で日蓮聖人が亡くなり、館や周辺の土地を寄進したことが池上本門寺の由来、といった感じの事は知っていました。 そこで、ふと「池上宗仲のお墓ってどこかにあるのかな?」とギモンが湧き上がり。 狩野家や幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都府楼跡・月山東地区官衙の日の出・戒壇院・観世音寺【太宰府 早朝散歩】(2018.8.11)

2018年の太宰府帰省、東京に戻る日が近づいた8月11日も早朝散歩に繰り出しました。普段は観世音寺から都府楼跡(大宰府政庁跡)へ向かっているのですが、この日は何となく都府楼跡から観世音寺へと。逆打ちとでも言いましょうか。 日の出前に都府楼跡へ足を運ぶのは、この日がおそらく初めて。ラジオ体操待ちの方もまだ訪れていない、人の姿が稀な都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宰府学校院跡・山上憶良歌碑・坂本八幡宮【太宰府 早朝散歩】(2018.8.9)

2018年の太宰府帰省、8月9日も早朝散歩に繰り出しました。観世音寺・戒壇院・都府楼跡(大宰府政庁跡)の定番コースを軸にしつつ、北側のルートを選択。山上憶良の歌碑や坂本八幡宮に立ち寄りました。 坂本八幡宮。都府楼跡(大宰府政庁跡)の北西に位置する。この辺りは大伴旅人の邸宅跡らしい。正面から見ると巨木が印象に残る 大宰府学校院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more