テーマ:大田区

池上 養源寺の夜桜ライトアップ(2021.3.29)

池上本門寺で夜桜を堪能した3月29日、別の場所でもライトアップされた夜桜を味わうことができました。呑川沿いにある養源寺です。池上本門寺からほど近い場所にあります。 数は多くありませんが見事に咲いた桜を、下からスポットライトを当てていました。そのさまは、なかなか幻想的。 スマートフォン「AQUOS sense3 plus」での…

続きを読むread more

池上本門寺の夜桜(2021.3.29)

3月29日(月)の夜、霜月仲冬は会社からの帰りがけに池上本門寺へ立ち寄りました。もちろん、境内あちこちで咲き誇る夜桜を眺めるのが目的。 特にイベントとしてライトアップされている訳ではないのですが、街灯が程よく桜の木々を照らしてくれています。 月曜の夜、池上本門寺を訪れる人は、ごく僅か。三密とは無縁で夜の散歩にはうってつけ。落…

続きを読むread more

池上梅園のツツジと鬱金桜(2021.4.3)

4月最初の週末たる今日(4/3)霜月仲冬は大田区立池上梅園へ足を運びました。梅園の斜面一面に植えられているツツジがお目当て。4月に入ったばかりですが通勤途中のあちこちでツツジが咲き始めており、池上梅園はどうだろう、と。 (お、結構咲いてるじゃないか) 果たして、まだ4月に入ったばかりだというのに梅園内のツツジが色とりどり。こ…

続きを読むread more

池上本門寺の桜(2021.3.27)

大田区屈指の桜の名所、池上本門寺。ソメイヨシノがほぼ満開を迎えた昨日(3/27)は好天に恵まれ、霜月仲冬は散歩がてら足を運びました。 訪れた時間帯は朝の6時過ぎ。桜の名所として名高いゆえに日中は混雑が予想され、密を避ける為に時間帯をずらそうと早起きした次第。 (おぉ、咲いてる咲いてる。これは見事) 池上本門寺の境内そこ…

続きを読むread more

池上本門寺 笹部桜(2021.3.20)

ちょうど「春分の日」となった昨日(3/20)池上本門寺へ足を運びました。散歩がてら桜の開花状況を見てみようと。 東京における今年、2021年の開花宣言は3月14日と、かなり早い時期。それから1週間ほど経ったこの日、境内あちこちに植えられているソメイヨシノの見ごろはもう少し先に思われました。 (お、結構咲いてる) 霜月仲…

続きを読むread more

都営浅草線 馬込車両検修場@大田区の夕日(2020.12.6)

12月6日の午後、霜月仲冬は池上本門寺へ散歩に出掛けました。境内周辺を散策するうちに日が傾き、ふと思い立って馬込車両検修場へ。この時期であれば、夕日が眺められるのでは?と。 日の出や日の入りを調べるアプリで日没の方向を調べてみると、馬込車両検修場に架かる道々女木橋(どどめきばし)から夕日が見えそうでした。 この日の東京の日没…

続きを読むread more

大田区池上の日の出(2020.12.6)

2020年も残り1ヶ月を切った今朝(12/6)霜月仲冬は未明に起床して日の出を拝んできました。この日の東京の日の出時刻は6時36分とのことで、それに間に合うようにビュースポットへ。 到着したのは6時15分くらいだったでしょうか、すでに東の空は茜色に染まりつつあり、周囲には仲冬と同じように日の出を拝むギャラリーが集まりつつあり。とは…

続きを読むread more

本門寺公園の紅葉@大田区池上(2020.11.15)

今朝(11/15)早朝に目が覚めた霜月仲冬は池上本門寺へ散歩に出かけました。途中で日の出を拝み、池上本門寺の境内に隣接する本門寺公園に。そろそろ紅葉の色づき具合はどんな感じかな、と。 果たして本門寺公園内、ほとんどのモミジはまだまだ真っ緑でしたが、1本だけ朝の日差しを浴びて鮮やかに紅に染まっていました。 (おぉ…これは見事だ…

続きを読むread more

池上 大坊本行寺の御会式桜(2020.10.31)

見事に晴れ渡った10/31(土)、霜月仲冬は池上本門寺へ散歩に出かけました。境内を散策した後は、御会式桜の様子を見てみようと日蓮聖人入滅の地・大坊本行寺へ。 (お、咲いてる咲いてる) 日蓮聖人入滅の日(十月十三日)に咲いたという御会式桜。 仲冬が訪れたこの日(10/31)は旧暦九月十五日ということで1ヶ月ほど早い感じで…

続きを読むread more

池上本門寺 五重塔と日の出(2020.9.13)

何となく夜明け前に目が覚めた今朝(9/13)霜月仲冬は池上本門寺へ散歩に出かけました。未明の空には雲があちらこちらに見えており、日の出を拝むのではなく運動不足解消といった目的です(笑) 仲冬が池上本門寺に到着したのは日の出の15分くらい前。大堂で一礼した後、五重塔へ向かってみるとちょうど五重塔の向こうの空が黄金色の染まっていました…

続きを読むread more

大田区立池上会館の夕日(2020.9.6)

残暑厳しい今日(9/6)の夕方、池上本門寺へ散歩に出かけた霜月仲冬。本門寺に着いた時はすでに日が傾いていたので、夕日や日の入りが拝めるかなと境内に隣接する大田区立池上会館の屋上庭園に向かいました。 西の空には雲が横たわっていましたが、この程度であればと、久しぶりにその屋上庭園で日没まで拝もうと。 スマートフォン「AQ…

続きを読むread more

かなとこ雲 撮影@大田区立池上会館(2020.8.30)

8月最後の週末たる今日(8/30)池上本門寺へ散歩に出かけた霜月仲冬は、西の空に見慣れない雲を発見しました。時が経つにつれてその雲は大きくなり、圧倒的な存在感を示すように。どうやらその雲は「かなとこ雲」と呼ばれるものだそう。 大田区立池上会館の屋上庭園や展望台に立つと「かなとこ雲」が見える方向が日没と重なって、なかなか趣の…

続きを読むread more

河上彦斎のお墓@池上本門寺(2020.7.24)

7月の連休中、池上本門寺の境内を散歩していた霜月仲冬は、マンガ『るろうに剣心』の主人公「緋村剣心」のモデルとなった人物という「河上彦斎」のお墓を発見しました。 そのお墓の存在自体は噂に聞いていましたが、詳しい場所は露知らず。そして特に下調べもせず散歩中に発見した、という偶然の産物。 河上彦斎という歴史上の人物について仲冬はサ…

続きを読むread more

池上七福神めぐり(2020.7)

先日、霜月仲冬は『池上七福神』を巡ってきました。大田区の池上本門寺の周辺には数多くの寺社が点在し、そのうちの7つに七福神が祀られています。 こんなご時世ゆえ遠くへの外出は叶わず、かと言って池上本門寺ばかり足を運ぶのも新鮮味に欠けるな、と『池上七福神』巡りを思い立った次第。 本来は東急池上線の池上駅を起点に徒歩でのんびり巡るも…

続きを読むread more

東急池上線 池上駅 新改札オープン直後(2020.7.20)

新駅舎への改修に伴って名物の「構内踏切」が7/18(土)に廃止となった東急池上線の池上駅。翌19日(日)からは心機一転、新改札オープンとなりました。 三密を避けるべく新改札オープン当日(7/19)に池上駅へ足を運ぶことは避けましたが、その翌日(7/20)深夜に及ぶ残業帰りに池上駅へ降り立った霜月仲冬は、長らく親しんだ構内踏切への惜…

続きを読むread more

東急池上線 池上駅の構内踏切 廃止直前

2017年に改修工事が発表されて以来、その姿を変え続けてきた東急池上線の池上駅。池上駅の名物とも言える改札内の「構内踏切」が今日、7月18日(土)をもって廃止されるそうです。 新駅舎が完成間近となり、7月19日(日)から新しい改札口オープンに伴って。 構内踏切の廃止――いずれその時がやってくる事は分かっていましたが、いざとな…

続きを読むread more

外川田跨線人道橋〈大田区 蒲田〉探訪

先日、霜月仲冬はJR蒲田駅から大森方面に少し進んだ場所にある「外川田跨線人道橋」に足を運んでみました。「線路を跨ぐ」という名前の通り、京浜東北線や東海道線の線路を跨ぐ歩道橋、とでも言いましょうか。 仲冬にとってその人道橋は、もともとその名前を知っていた訳ではなく。 遠くへの外出が忌避されるご時世、仲冬も基本的に生活必需品の買…

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2020.6.27)

6月も終わりに近付いた昨日(6/27)「池上のあじさい寺」こと妙見堂に行ってきました。こんなご時世ではありますが、ソーシャルディスタンスに注意しつつほぼ毎週様子を見てきた霜月仲冬。そんな今年の紫陽花ウォッチもそろそろ終盤かなと。 曇り空の下、蒸し暑さを感じつつ呑川沿いの照栄院へ。その脇にある妙見坂から妙見堂に。 境内に植えら…

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2020.6.20)

梅雨の晴れ間となった昨日(6/20)「池上のあじさい寺」こと妙見堂に足を運びました。そろそろ見頃を迎えたかなと。 境内あちこちの紫陽花たちは、訪れた人たちを楽しまるには充分な色付きを見せてくれていました。 持参したコンデジ「PowerShot G7X mk2」でこの日の紫陽花を写真に収めておきました。 …

続きを読むread more

太田神社〈大田区〉夏至の日の出(2020.6.21)

夏至を迎えた今朝(6/21)未明に目が覚めた霜月仲冬は那須与一ゆかりの太田神社へ向かいました。せっかくなので、夏至の日の出を拝んでおこうと。 太田神社の境内に着いたのは4時15分くらい。東京の日の出時刻は4時26分だそう。東の空は厚い雲が横たわっていましたが、日の出時刻を過ぎた頃、隙間から少しだけお日さまが顔を出してくれました。 …

続きを読むread more

池上 養源寺 雨の紫陽花(2020.6.13)

梅雨時期らしい雨降りの今日(6/13)霜月仲冬は大田区池上の養源寺へ行ってきました。雨に濡れる紫陽花を見るのもまた一興かなと。 傘をさして呑川沿いを歩き、養源寺の境内へ。仲冬が訪れた時間帯は、境内に人っ子一人いませんでした。3密を避ける、とかソーシャルディスタンスを気にする必要がないくらい。 片手に傘を持っての撮影ゆえ、使っ…

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2020.6.7)

梅雨入り前の貴重な晴天に恵まれた6月7日(日)霜月仲冬は「池上のあじさい寺」こと妙見堂へ足を運びました。池上本門寺の程近くにある紫陽花の名所。様々な種類の紫陽花を見ることができます。 この日、仲冬が妙見堂を訪れたのは、傾いた日差しが境内に差し込む15時過ぎ。色付いた紫陽花を照らしてくれる絶好の時間帯です。 妙見堂および妙見坂…

続きを読むread more

池上 養源寺の紫陽花(2020.6.4)

今日(6/4)在宅勤務の昼休み、運動不足の解消がてら大田区池上の呑川沿いにある養源寺へ足を運びました。境内裏手の「あじさいロード」の色付きはどんな感じかな、と。 (お、色付きが進んでる) 前回訪れた時から数日が経ったこの日の紫陽花たちは、綺麗な青色に染められて見頃を迎えた感じ。 お昼休みという限られた時間で訪れたため、…

続きを読むread more

池上 養源寺の紫陽花(2020.5.30)

5月も終わりに近づいた今日(5/30)大田区池上の養源寺へ足を運びました。開放されている「あじさいロード」の咲きっぷりを見てみようと。 なるべく混雑を避けるべく午前中に向かった霜月仲冬。呑川沿いを歩いて養源寺に着いてみると、訪れる人も稀で静かな雰囲気が。 一応「ソーシャルディスタンス」に注意しつつ、色付きが進んだ紫陽花たちを…

続きを読むread more

池上 妙見堂の紫陽花(2020.5.23)

久しぶりの青空に恵まれた5月23日の午後、霜月仲冬は池上の妙見堂へ足を運びました。妙見堂の境内と、そこに続く妙見坂に数多くの紫陽花が植えられており、毎年楽しみにしています。 こんなご時世ではありますが、青空に誘われてか池上本門寺の周辺は少し人出が増えた印象。しかし、ここ妙見堂の境内には数名の方が訪れている程度で「三密」を防ぐソーシ…

続きを読むread more

池上 養源寺の紫陽花(2020.5.17)

5月も後半に差し掛かった今日(5/17)霜月仲冬は大田区池上の呑川沿いにある養源寺へ足を運びました。境内の裏、紫陽花ロードと呼ばれる道には多くの紫陽花が植えられており、その様子を見てみようと。 紫陽花の見頃はまだまだ先だと思っていましたが、それは承知の上。いわゆる「3密」回避を優先して、紫陽花が咲き始めるであろう今ならば空いている…

続きを読むread more

太田神社〈大田区〉の日の出(2020.4.30)

4月30日(木)の未明、なんとなく目が覚めた霜月仲冬は、日の出を拝む為に那須与一ゆかりの太田神社へ足を運びました。 こんなご時世ですが、夜明け前であれば人通りも極めて少なく、「3密」を防ぐには充分なソーシャルディスタンスを確保できます。 太田神社に到着したのは4時50分を少し過ぎたくらい。日の出時刻を数分過ぎたあたりでした。…

続きを読むread more

池上梅園のツツジと鬱金桜(2020.4.11)

よく晴れた4月11日(土)の正午過ぎ、仲冬は大田区立池上梅園へ散歩に出かけました。街のあちこちでツツジの花を見かけるようになり、梅園のツツジはどんな感じかなぁと。こんなご時世ではありますが「健康維持を目的とした散歩」ということで。 もし混雑していたら迷わず撤収するつもりでしたが、いざ池上梅園に到着してみるとほとんど人の姿がなく。茶…

続きを読むread more

太田神社〈大田区〉の日の出(2020.4.5)

夜明け前に目が覚めた4月5日(日)、霜月仲冬は久しぶりに日の出を見に出かけました。行き先は、大田区にある太田神社。那須与一宗高ゆかりの神社で、歴史好きの観点からも高ポイント。 この時期、大田区池上周辺で日の出を拝むことができそうな場所を探したところ、この太田神社にたどり着きました。日の出の方角を示すアプリが便利です。 この日…

続きを読むread more

池上本門寺の桜(2020.3.24)

青空に恵まれた3月24日の朝、境内の桜を見ておこうと池上本門寺に足を運びました。このご時世ゆえ在宅勤務となったこの日。運動不足解消の為もあり、普段は通勤に費やしている時間を、交通機関を一切使うことなく境内散策に充当することができました。 満開には少し早かったですが、日当たりによるものか、木によってはかなり咲き具合が進んでいるものも…

続きを読むread more