テーマ:旅行

ハウステンボス号@二日市駅(2014.8.14)

突然姿を現した特急「ゆふいんの森」号を見送った二日市駅のホームに、その10分後くらいだったでしょうか、今度は「ハウステンボス」号が滑り込んできました。 「ゆふいんの森」は上品なエメラルドグリーン的な配色でしたが、この「ハウステンボス」は赤と緑という補色の組み合わせ。 なかなかインパクトのある面構えを、これまた折角なので写メっておき…

続きを読むread more

ゆふいんの森号@二日市駅(2014.8.14)

南北朝時代の筑紫野展が開催されていた筑紫野市歴史博物館を後にして、相方や冬子姫、藍子姫と合流するべくJR二日市駅に向かいました。 (お、なんか緑の電車来た) 二日市駅のホームで普通電車を待っていたのですが、緑の特急列車が滑り込んできました。鮮やかなエメラルドグリーンの「ゆふいんの森」号だそうです。由布院や別府に向かうのでしょう。 …

続きを読むread more

南北朝時代の筑紫野展@筑紫野市歴史博物館(2014.8.14)

九州国立博物館を訪れた時、ふと見かけたポスターでその開催を知った「南北朝時代の筑紫野」展。何とか予定を調整して8月14日の午前中、筑紫野市歴史博物館へ足を運ぶことができました。 入館無料という太っ腹さに感謝しつつ(笑)歴史博物館の企画展示室へ。 入ってすぐの所に掲げられていた九州メインの南北朝時代の年表に、まず釘付け。こういった地…

続きを読むread more

九州国立博物館 あじっぱ(2014.8.13)

太宰府天満宮でお参りした後、霜月家は九州国立博物館へと向かいました。前回の帰省時にも楽しんだ「あじっぱ」で冬子姫、藍子姫を遊ばせてあげようと。 九州国立博物館、ミュージアムショップや「あじっぱ」だけなら、入館料すら不要。ありがたい限りです(笑) 到着したこの日の九博エントランスホールには、博多祇園山笠の山笠が一基展示されており、3…

続きを読むread more

太宰府市 武藤資頼・資能の墓(2014.8.13)

観世音寺の裏手の道を天満宮とは反対方向に進むと、朧気な記憶を頼りに向かっていた場所への道標を発見しました。 少弐氏の祖、武藤資頼と資能のお墓です。はい、ここにきてカマクラー充です(笑)少弐資能はNHK大河ドラマ『北条時宗』にも出ていた記憶もあります。ちょうど元寇のあたり。 道標に沿って、ちょっとした山道に分け入り(と言っても数分程…

続きを読むread more

太宰府市 大宰府政庁跡(都府楼跡) 早朝散歩(2014.8.12)

太宰府に帰省した翌日(8/12)の早朝散歩。観世音寺や戒壇院に続いて大宰府政庁跡(都府楼跡)へと向かいました。これも2年前の帰省時と同じパターンです。 学校院跡を通り過ぎて都府楼跡に到着したのは朝の6時半過ぎだったでしょうか。ちょうどNHKのラジオ体操の時間だったようで、都府楼跡で体操している方が何人もいました。 そのうちラジオ体…

続きを読むread more

熱海後楽園ホテル一泊&プール+熱海サンビーチ海水浴(2014.8.2、2014.8.3)

もはや霜月家の恒例行事となっている熱海後楽園ホテル一泊旅行、今年も8月2日と8月3日に行ってきました。 去年の7月以来、数え間違えていなければ通算5回目の宿泊です(笑) もちろん今回も東京駅からスーパービュー踊り子号に乗車。10号車の子供室は今までに見た事もないほど子どもたちで大混雑。多少の時間は潰せたのですが、あまりの…

続きを読むread more

熱海後楽園ホテル 一泊&熱海サンビーチ海水浴+花火+プール(2013.7.20、2013.7.21)

7月三連休にどこへもお出かけしなかった霜月家。翌週の20日と21日に海水浴目当てに熱海へ繰り出しました。 もちろん今回も宿は熱海後楽園ホテル。移動手段はスーパービュー踊り子号。今年のゴールデンウィークの熱海一泊と全く同じパターンです(笑) 今回も当然のようにスーパービュー踊り子号の子供室に入り浸って、あっという間に熱海に…

続きを読むread more

熱海後楽園ホテル 一泊(2013.5.2、2013.5.3)

大型連休の真ん中、5月2日と5月3日に霜月家は熱海へ一泊旅行に行ってきました。 4歳の冬子姫と、1歳6ヶ月の藍子姫を連れて、向かった宿は熱海後楽園ホテル。霜月家にとって3回目の宿泊です。 昔、冬子姫が小さい頃はこのホテルの「赤ちゃんプラン」を選び、随分と助かった記憶があります。 そのお陰というか何というか、安心感を…

続きを読むread more

登別温泉 地獄谷(2007.2.9)

宿の送迎バスに乗って登別温泉に到着した仲冬と相方。 宿に荷物を一旦置いて周辺散策に出かけました。 登別温泉の観光名所と言えば、やっぱり地獄谷。 雄大な自然の情景や、あちこちから煙が立ち上る様を 遊歩道を歩きながらパシャパシャと撮っておきました。

続きを読むread more

登別温泉へ(2007.2.9)

「鹿部はこっちだ!」 乗っているマイクロバスの車窓から 鹿部の方向を力強く指を差す例の赤鬼を発見。 (おぉー、これが、かの有名な「鹿部はこっちだ!」かぁ…) バスの車窓からではありますが、現物を間近に見ることができて 仲冬のテンションは急上昇。 何ならいっそ、泊まる宿も合わせようかとも思いましたが…(笑) …

続きを読むread more

HTB&平岸高台公園(2007.2.8)

もうすぐ丸々6年前となる2007年2月8日、さっぽろ雪まつり目当てに 北海道へ足を運んだ仲冬たちでしたが、実はそれ以外にも 札幌での目的地がありました。 それが何を隠そう、仲冬と相方が繰り返し何度も観ている 『水曜どうでしょう』の聖地、HTBと平岸高台公園。 当時の勢いからして、下手をしたら 「さっぽろ雪まつり」より…

続きを読むread more

さっぽろ雪まつり(2007.2.9)

昨日の記事の続きですが、2007年2月8日の夜「さっぽろ雪まつり」を見て回った その翌朝も、大通公園へ赴いて雪像を見て歩きました。 やっぱり明るい時間帯の方が楽しめました。 暗いと雪像がよく見えませんでしたし…(苦笑) 「雪のHTB広場」の彦根城は、さすがに感嘆の声を挙げるばかり。 ただひたすら「すごいなぁ…」と。 …

続きを読むread more

さっぽろ雪まつり(2007.2.8)

1月30日、会社のお昼休みにケータイのワンセグ機能で NHKニュースを観ていたら、さっぽろ雪まつりの話題が流れてきました。 あぁ、そう言えば昔行ったなぁ…と、ふと懐かしくなり 帰宅したその日の夜にデジカメ写真を漁ってみると… 仲冬が訪れたのは、どうやら2007年の雪まつりだったようです。 北海道の地を踏んだのは、こ…

続きを読むread more

厳島神社 満潮時(2007.11.25)

前回の続きです。厳島神社を訪れた翌日、 満潮時を見計らって再度広島から宮島へ渡りました。 やっぱり厳島神社と言えば海に浮かぶような社殿。 それを見ずには帰れない、と。 実際目にした、海に浮かぶ鳥居や社殿は神秘的ですらありました。 日本三景と言われるだけのことはあります。 いつか冬子姫や藍子姫も連れて行きたいですが…

続きを読むread more

厳島神社 干潮時(2007.11.24)

例によってデジカメ写真を眺めていたら 2007年11月に訪れた厳島神社の写真が出てきました。 この時は広島に宿を取って、一泊二日の旅でした。 本当は宮島の宿を取りたかったのですが、予約が一杯で。 と言うか、広島に行くと決めたのも旅立つ数日前 というドタバタっぷりだったのは覚えています。 訪れた直後に書いた記事もあ…

続きを読むread more

生田神社&生田の森(2007.12.15)

神戸ルミナリエを見に行った2007年12月15日、 この日の日没前には生田神社に足を運んでいました。 源平好きの相方&仲冬にとって重要ポイント。 神戸を訪れる前には必ず行こうと決めていた場所でした。 で、実際に足を運んでみると、ちょうどこの2007年に 藤原紀香と陣内智則が生田神社で結婚式を挙げた効果で やたら混雑し…

続きを読むread more

須磨寺&敦盛首塚~敦盛胴塚(2007.12.16)

2007年12月、神戸ルミナリエを見た翌日は須磨へと繰り出しました。 源平ゆかりの須磨寺およびその周辺、一の谷が目的地。 須磨と言えば平敦盛。 境内の首塚や、一の谷の胴塚などを巡りました。 というわけで、その5年以上前にも記事を書いていましたが 改めて写真を載せておきます(笑) 確かこれは一の谷だったと思いますが…

続きを読むread more

足利織姫神社と渡良瀬川(2012.11.3)

そろそろ帰りの事を考えながら鑁阿寺を後にした霜月仲冬が次に向かったのは、足利織姫神社でした。 小高い丘の中腹にあり、そこから眺める足利市内や渡良瀬橋が仲冬のお気に入り。せっかく足利市に来たのだから、訪れない訳にはいきません。 鑁阿寺からやや距離がありますが、前日、鶴田駅から栃木県立博物館まで歩いた事に比べれば全然ラク。し…

続きを読むread more

鑁阿寺と足利名物「ポテト入り焼きそば」&「足利シュウマイ」(2012.11.3)

足利学校を後にした仲冬は、軽く空腹感を覚えつつ足利氏邸宅跡の鑁阿寺へ向かいました。 鑁阿寺周辺にはいくつかお店があり、前回訪れたときは相田みつをゆかりの「なか川」で美味しいお蕎麦を頂きました。 今回は、足利名物と言われる「ポテト入り焼きそば」を頂こうかなと。 名物と言うくらいだから、ここら辺にもお店はあるだろうと楽観しながら鑁阿…

続きを読むread more

古書にみる足利尊氏@足利学校(2012.11.3)

日光東照宮の紅葉と宇都宮の足利尊氏展を堪能した翌日11月3日、仲冬は栃木県の足利市に向かいました。 宇都宮駅から小山駅に向かい、そこで両毛線に乗り換えて足利へ。 小山駅での両毛線乗り換えは映画『秒速5センチメートル』の一場面と同じ行程。 両毛線への乗り換え待ち時間に、映画と同じ場面を色々探してみましたが、構内あちこ…

続きを読むread more

足利尊氏展@栃木県立博物館(2012.11.2)

やや駆け足で回った日光東照宮を後にして、日光駅からJR日光線に乗り込んだ霜月仲冬。宇都宮駅に到着した時、愛用している腕時計クロノマットの針は13時を回ったあたりでした。 (うん、ちょうどいい時間帯だな) これから向かう栃木県立博物館でお昼ご飯を頂き、しかる後『足利尊氏 ーその生涯とゆかりの名宝ー』展を満喫するという予定を…

続きを読むread more

日光東照宮と紅葉(2012.11.2)

たまたま休暇が取れた11月2日の金曜日、霜月仲冬は翌日の3日土曜日と合わせて栃木県に足を運びました。 主なる目的は、宇都宮にある栃木県立博物館で開催されている『足利尊氏展』です。 で、いきなり宇都宮に行くことも考えたのですが、せっかくだから紅葉狩りと洒落込むかと。 この日の最初の目的地を日光と定めて出発。北千住駅で…

続きを読むread more

朝焼けの観世音寺への早朝散歩(2012.8.10)

太宰府の実家滞在最終日となった8月10日、この日もサマータイムモードで早めに起床した仲冬は、早朝散歩に出かけました。 飛行機で自宅に帰る日なので、あまり無理はせずにと思い、都府楼跡(大宰府政庁跡)ではなく観世音寺に向かうことに。 御笠川の川沿いを散歩してる人たちとも今日でしばらくのお別れかと勝手に思いつつ、観世音寺へ一直線。 朝…

続きを読むread more

九州国立博物館 あじっぱ(2012.8.9)

太宰府の実家滞在も残りわずかとなった8月9日、霜月家は太宰府駅に再び繰り出し、九州国立博物館へ足を運びました。 企画展や常設展を観るのではなく、冬子姫でも楽しめる体験型施設「あじっぱ」が目的。アジア各国の文化に直接触れられる、どちらかと言えば子供向けの施設です。 去年もこの「あじっぱ」を訪れており、冬子姫がやたらと楽しげな様子だっ…

続きを読むread more

大宰府政庁跡(都府楼跡)、坂本八幡宮への早朝散歩(2012.8.8)

太宰府市の実家に帰省して数日、8月8日のこの日も早朝散歩に出かけました。都府楼跡、再訪です。 先日と同じルートではつまらないので、この日は大宰府政庁跡の周辺に目を向けて。 で、都府楼跡の隣に、坂本八幡宮という神社を発見。訪れたのは初めてでした。 案内板によると、どうやらこの坂本八幡宮の辺りは大宰帥、大伴旅人の邸跡だったようです。…

続きを読むread more

観世音寺と戒壇院への早朝散歩(2012.8.7)

8月6日、大宰府政庁跡(都府楼跡)へ早朝散歩に繰り出し、その快適さに味を占めた仲冬は、その翌日も早朝からお散歩に出かけました。 行き先は観世音寺です。都府楼跡のやや東側、といった感じでしょうか。 この日も朝の6時過ぎに実家を出て御笠川沿いを歩き、観世音寺に到着。 曇りがちの天気で、やや蒸し暑さを孕みながらも静謐な雰囲気に包まれた…

続きを読むread more

大宰府政庁跡(都府楼跡)への早朝散歩(2012.8.6)

太宰府市の実家に帰省した翌々日の朝、いつもの出勤モードの時間帯に目が覚めました。体内時計と言うやつでしょうか。 ふと思い立ち、実家の近所にある都府楼跡(大宰府政庁跡)へ散歩に出かけました。 朝の6時過ぎ、まだ太陽が東の空に浮かんでる時間帯に都府楼跡へ向かうのはもちろん初めて。 御笠川沿いを歩くと、同じように散歩したり犬の散歩して…

続きを読むread more

太宰府への帰省(2012.8.4)

今年の夏休み、霜月家は太宰府市にある仲冬の実家へ帰省しました。 8月4日から8月10日まで、わりと夏休みいっぱいっぱい太宰府の実家でのんびり過ごしました。 そんな初日の8月4日は、羽田空港から福岡空港までのフライトを含めた大移動の日。 藍子姫にとっては初めての空の旅。ですが恐らく本人は何のことかわからないでしょう。1歳にもなって…

続きを読むread more

スーパービュー踊り子号の子供室(2012.5.2)

ゴールデンウイークの事ですが、霜月家は東京駅からスーパービュー踊り子号に乗って、伊東まで一泊旅行に出かけました。 小さい藍子姫と、元気いっぱいの冬子姫を連れての、初の旅行。どこに行くか悩みましたが、ネットで色々調べてみるとスーパービュー踊り子号が魅力に思えてきて、よし、これに乗って行くか、と。 そのスーパービュー踊り子号…

続きを読むread more